マッサージの国家資格を取ろう|専門の学校で勉強する

手

身体の痛みを改善する

勉強する女性

マッサージには医療行為ができる資格と、リラクゼーション行為のみの資格があるので選ぶ際には注意が必要です。特徴は、国家資格は病院などで治療でき、リラクゼーションは、リラックスできるための施術を行っています。

もっと知ろう

勉強の要点と働き方

空と道

資格は仕事をする上で現代社会において重要視されていますが、中でもマッサージの資格も人気が高まっています。取得することによって仕事の幅も広がります。国家試験となるものもありますが、これから仕事をしていくためにも取得を目指しましょう。

もっと知ろう

需要が高い職種の一つ

説明

幅広い分野で活躍できます

マッサージの仕事をするためには国家資格である「あん摩マッサージ指圧師」の資格が必要です。この資格は専門学校等で3年以上修学して国家試験に合格すれば取得することができます。歴史的に視覚障害者の有資格者が多く、盲学校であん摩マッサージ指圧師を養成しています。健常者の場合は専門学校等で修学します。あん摩マッサージ指圧師は治療院を開業することができるほか、病院などの医療機関、福祉施設でのリハビリテーションなどに携わることもでき、マッサージ以外にも幅広い分野で活躍することができます。また、専門学校等でははり師・きゅう師の資格を併せて取得できるようにカリキュラムが組まれていることが多いです。あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師の3つの資格を持つ人を「鍼灸マッサージ師」と呼ぶこともあります。

学びやすさのために

あん摩マッサージ指圧師を養成する専門学校等では、解剖学や生理学などの基礎医学、公衆衛生やリハビリテーションなどの理論の習得も必要です。入学前に大学等でこれらの科目を履修している場合は専門学校での単位として認定される場合があります。また、治療院や病院などの医療機関で働きながら学ぶことができるよう、夜間に授業を開講している専門学校もあります。多くの学生が働くことで現場のことも知りながら学んでいます。あん摩マッサージ指圧師の資格はいわゆる「一生もの」で、社会的にもマッサージの需要はますます高まっています。幅広い分野で活躍できる分、色んな知識・技術も求められており、資格を取るだけでなく医療・福祉など様々な分野への関心・学びも必要です。

いろいろな形態で働きます

赤色のペン

高齢化社会になりつつある時代に、マッサージを専門とするマッサージ師の資格は需要が高まっています。介護保険施設にて働くことも可能になるので、多くの人が資格取得を図っています。

もっと知ろう

Copyright © 2016 マッサージの国家資格を取ろう|専門の学校で勉強する All Rights Reserved.