マッサージの国家資格を取ろう|専門の学校で勉強する

マッサージ

いろいろな形態で働きます

赤色のペン

病院と訪問でのリハビリ

マッサージ師の資格を取得すると、いろいろな形態で働くことが可能です。まず病院においては、マッサージ師の資格でリハビリを担当することができます。例えば脳血管障害を発生すると、後遺症として片麻痺が発生することが有名です。このような脳血管障害の後遺症に対して、マッサージ師の資格でリハビリを行うことができます。また病院以外でも、このようなマッサージ師はリハビリを行うことがあります。脳血管障害の後遺症は、入院期間だけで改善するとは限りません。そのため退院した後も、リハビリを継続することが必要になることが多いのです。そうした退院後のリハビリを、マッサージ師は訪問リハビリとして行うこともあります。したがって脳血管障害の退院後のリハビリは、マッサージ師に依頼すると行ってもらえるのです。

重要な役割を担っています

さらにマッサージ師は、介護保険施設の一つである、デイサービスで働くこともあります。介護保険制度というのは、介護を必要となった人が、介護が不要となることを大きな目的にしています。その点においてデイサービスでは、脳血管障害のリハビリの一環として、機能訓練を行うのです。例えば関節拘縮がある場合には、関節の可動域を広げる訓練を行います。あるいは歩行のリズムが回復していないときには、歩行訓練を行うことも可能です。さらに安静にしていたことによって、筋力が低下することもあります。そうしたときには筋力増強訓練を行って、介護状態の離脱を目指すのです。このようにマッサージ師は、いろいろな形態で重要な役割を担う資格なのです。専門学校に通って資格を取ることが出来ます。まずは無料相談やパンフレットの取り寄せ、オープンキャンパスなどに足を運ぶことから始めていきましょう。

Copyright © 2016 マッサージの国家資格を取ろう|専門の学校で勉強する All Rights Reserved.