マッサージの国家資格を取ろう|専門の学校で勉強する

マッサージ

勉強の要点と働き方

空と道

実技が大切です

マッサージというのは、素人でも個人的に行うことがあります。しかしマッサージを仕事にしてお金を得るためには、マッサージ師の資格を取得することが必要です。この資格は民間のものではなくて、厚生労働大臣が認める国家資格になっています。そのため資格を取得するには、国家試験に合格しなければなりません。また国家試験を受験するには、3年以上の専門学校での勉強が必要です。ただし単に勉強するだけではなくて、必要となる単位を取得することが義務付けられています。とくに実技については、実際に患者に治療を行う資格なので、重視されているのです。したがっての資格を取得するには、専門学校で実技を重視して勉強することが大切です。

働き方を選択できます

このように実際にマッサージ師の資格を取得すると、いよいよ患者に治療を行います。マッサージ師が働く場所としては、主にマッサージ院と医療機関です。前者については、他者が開院しているところに勤務するか、自身で開院するかの2通りがあります。このうち自身で開院できるということが、マッサージ師の資格の大きなメリットです。医療系の資格において、自信で開院できるものは、それほど多くありません。次に医療機関で勤務する場合ですが、主にはリハビリテーションに従事することになります。マッサージ師は理学療法士と同様に、医療機関でリハビリテーションを行うことが認められています。もちろんその際に医療機関は、マッサージ師が行った治療に対して、保険請求も可能です。したがってマッサージ師は、資格を活かしてさまざまな働き方を選択できます。

Copyright © 2016 マッサージの国家資格を取ろう|専門の学校で勉強する All Rights Reserved.